歯科で歯列矯正をした体験談

歯科で目立たない矯正をするには

歯科で歯列矯正をした体験談
歯科の矯正というと、金具を歯の表につけて目立ってしまうというイメージがあるかもしれません。しかし仕事で多くの方と接することがあるという場合や、思春期でまわりの同級生の目がきになるという場合には目立たない矯正方法のほうが良いと思われることでしょう。目立たない歯科の矯正方法にはいくつかの方法がありますが、そのなかでも注目されているのが透明なプラスチックによって矯正できるというマウスピース型の矯正方法になります。ではこのマウスピース型矯正とは具体的にどのような方法になるのでしょうか。

このマウスピース型矯正の場合、まず自分の歯にあったマウスピースを制作し、2〜4週間ごとに透明なマウスピースを更新していき、徐々に歯並びを治していくという方法になります。このマウスピース型の特徴はなんといっても目立たないということで、注意しないとマウスピースをつけていることもわかりません。またこのプラスチックというのは1mmにも満たない極薄のものですので、自分でつけていても違和感がないというのもひとつのメリットだといえるかもしれません。また食事の際にこのマウスピースを外すことができますので、食事は普通に楽しむことができますし、歯磨きなどの口腔ケアも非常に簡単です。これまでのブランケットを付けるタイプの矯正方法の場合には、どうしても金具に食事カスがついてしまい虫歯になってしまうというケースもありましたが、マウスピース矯正ではそのような危険性もありません。

注目のキーワード

Copyright (C)2017歯科で歯列矯正をした体験談.All rights reserved.