歯科で歯列矯正をした体験談

歯科における矯正の意義

歯科で歯列矯正をした体験談
みなさんも歯科にいくことがあると思います。そのなかでも歯の矯正のためにいかれる方も増えてきているように思います。この矯正とは、歯並びの不正を治す治療のことでありますが、単にみかけをきれいに並べるだけではなく、発音や顔の形成など、虫歯、歯槽膿漏の予防を含めて全身の健康に影響のある治療となるわけですが、この意義をよく理解したうえで、生活の質を向上させるべく、治療に臨むべきであるとおもいます。そして、費用面においては、自費診療ということもあり、少々割高になりますが、医療費控除の対象となることもあり、このあたりは、歯科医院でしっかり治療方針も含めて相談するのが良いでしょう。

一般的な矯正治療において、従来はメタル(金属)の矯正装置であったが、現在は透明な装置や歯の裏側からの治療やワイヤーを使用しないマウスピースを使った方法まであり、さらにインプラントを併用する矯正方法まであるようです。これらは、それぞれの口腔内の状態や、年齢や生活状況および費用面での考え方によって、治療方針が変わってくることだと思われます。

いずれにしましても、この歯の矯正治療は、クオリティオブライフ(生活の質)の向上に欠かせないことですし、全身の健康に関わることですから、あとまわしにせず、気になる方はなるべく早く、歯科医に相談されることをお勧めするとともに、信頼のおける歯科医院および医師の情報も事前に集めておくことが重要でしょう。

注目のキーワード

Copyright (C)2017歯科で歯列矯正をした体験談.All rights reserved.